高校から製菓について学ぶ【料理人になるためにはぴったりの学校】

男女

社会人からでも取れる資格

新潟で社会福祉士を目指すなら福祉系大学などもありますが、高度なカリキュラムが用意されている専門学校、または通信講座など選択肢はいくつかあります。また会社勤めの方でも履修をすれば受験資格はありますので自分のペースと生活スタイルに合わせて選べるのです。

詳しく見る

パティシエ

楽しい日々

製菓を専門的に学べる高校が今人気を集めています。高卒の資格と製菓に関する資格と技術を同時に得られる上に就職に関するサポートもしっかりとしているからです。様々なイベントも定期的に開いており、楽しく高校生活をすごす事ができます。

詳しく見る

女性

高齢者の助けになる

社会福祉士の仕事は、これから必要とされる仕事のため人気があります。高齢化社会となり、活躍する場が増えることが予想されます。取得しておくと仕事に就きやすいです。新潟には、社会福祉士のための協会もあります。

詳しく見る

現場の雰囲気を体験できる

パティシエ

心を伸ばすことができる

製菓を仕事にしたい場合、高校卒業後に進学先を考えることがほとんですが、料理の勉強ができる高校もあります。将来プロとして働くためのコースがある高校があり、しっかりと技術を身に着けることができます。高校の先生が料理人ということで、現場の雰囲気や知識を教えてもらうことが可能です。有名なパティシエが製菓の授業を行うこともあります。高校が運営するレストランもあり、実際に一般の方に食事を提供しています。メニューやサービス、調理など全て生徒が行い、現場の雰囲気を体験することができます。先生のチェックのもとで、オリジナルの製菓をメニューに加えることもあります。実際に経験を積んでいるということで就職率も高く、高校卒業後の進路もスムーズに決めることができます。製菓業界やホテルの厨房など、様々な就職先があります。高校入学当時は包丁を握ったことがない生徒も多く、包丁の持ち方から指導してもらうことができるため、安心して進学することができます。料理人になりたいと腕を磨いても、実際に現場に入ると向いていないと感じる場合もあります。高校では、プロの料理人に現場はどういうものなのか指導してもらうことができ、実際にレストランで調理することにより、自分に本当に向いているのか確認することができます。就職して現場にでても、違和感を感じることがないため、料理人になるためにはぴったりの学校です。技術が伸び悩み心がついていかない場合でも先生のフォローがあり、技術も心も伸ばすことができます。

調理器具

学校を選ぶ時のポイント

将来、製菓のプロを目指したい人の進路としてあげられるのが製菓コースがある高校です。高校の通常授業に加えて製菓の勉強や実習が行えるのが魅力です。学校によって設置されている設備や講師、カリキュラム内容や目指す資格の種類などが異なるので、自分の方向性に合う学校を選ぶといいでしょう。

詳しく見る

男性

ニーズの高い国家資格

社会福祉士は福祉を必要とする人々と行政サービスなどの橋渡しをする仕事です。なる方法は非常に多様であり、新潟でもなり方は様々です。実務経験が必要なものもあります。活躍の場は広がっているので、取得しておくと重宝する資格といえます。

詳しく見る