高校から製菓について学ぶ【料理人になるためにはぴったりの学校】

学校を選ぶ時のポイント

調理器具

学校ごとに異なる魅力

将来、パティシエやパン職人などの製菓のプロを目指す人の進路として選択肢にあがるのが製菓コースがある高校です。製菓のプロになるには、普通高校を卒業した後に製菓の専門学校に入るという方法もありますが、期間が長くかかるのがデメリットです。その点、製菓コースがある高校に進学すれば、高校の普通授業を学びながら製菓の勉強や実習も同時に行うことが可能です。高校卒業の資格が得られるため、在学中に方向性が変わった場合は短大や大学進学を目指すこともできますし、学校によっては夜間や通信講座で学べるところもあるので、自分の生活スタイルに合わせた通学を選ぶこともできます。製菓の高校は、学校によって設置されている設備やカリキュラム内容、講師などに幅があります。現役で活躍しているプロを講師として招いて実際の仕事に基づいたリアルな講座を提供している学校もありますし、製菓だけではなくバリスタや店舗運営などを学べるオプション講座を豊富に用意している学校もあります。また、資格取得のカリキュラムを用意している高校では、製菓だけではなく調理師や栄養士の資格取得を目指すこともでき、これらの資格を取得すれば製菓以外でも卒業後の選択肢がより広がることが期待できます。卒業後の進路サポートが充実していることも選ぶ時のポイントの1つになります。通学スタイルや取得したい資格、目指したい方向性などを考慮し、自分が学びたいと思う魅力的な内容を提供している高校を選ぶといいでしょう。