高校から製菓について学ぶ【料理人になるためにはぴったりの学校】

ニーズの高い国家資格

男性

なり方は様々

社会福祉士は国家資格の一種で、福祉を必要とする人々と行政サービスなどの橋渡しをする仕事です。活躍の場は介護、教育、司法、医療など様々で、高齢社会の到来によりニーズが高まっている仕事といえます。社会福祉士になるには受験資格を満たした上で国家試験を受けなければなりません。受験資格の満たし方は非常に多様で、新潟で選択できる方法も数多くあります。最も簡単なのが福祉系の四年制大学を卒業することで、この方法のみ実務経験が不要となります。そのほかの方法では何らかの福祉施設などで実務経験を積む必要があります。新潟にも福祉系大学はあるので、最短でとろうと思ったら福祉系大学への進学を目指すのがよいでしょう。新潟の一般大学を卒業している場合や、高卒などでも、一定期間特定の施設で働けば受験資格は満たせます。詳しくは厚生労働省のホームページを見るとわかりやすいです。社会福祉士試験を受験する人は30代以下が圧倒的に多いのですが、それ以上の年齢でも受験者はいるので諦めることはありません。社会福祉士の資格をとると、資格手当などがつき、待遇面で優遇されることが多いです。新潟にも福祉施設は数多くありますが、施設長となるには社会福祉士の資格が必須となっていることも多く、取得しておくと重宝する資格です。近年増えている介護の現場以外にも、教育、司法、医療など活躍の場は多彩で、かつ全国に就職先はあるので、取得して損はない資格といえます。