高校から製菓について学ぶ【料理人になるためにはぴったりの学校】

社会人からでも取れる資格

男女

国家資格を目指そう

社会福祉士は福祉の現場で障害を受けて生活に苦しんでいたり、介護が必要な人達の相談に乗り、その問題を改善するのが主な仕事です。また、地域福祉のコーディネーターとしても注目されています。新潟においても社会福祉士を目指す人は増えていますが、国家試験に合格しなければなりません。福祉系大学や短大卒で指定科目を履修していれば受験資格が与えられます。社会人の場合は一般大学もしくは短大卒か専門学校を卒業すれば受験はできます。また通信教育も充実していますので新潟郊外に住む方も気軽に取り組むことができます。修学期間によっても受講費用は異なりますので自分の生活を考慮して受講することができます。社会福祉士に向いている人は献身的な姿勢を持ち、聞き上手であること、様々な相談を受けるのですから冷静に判断をする洞察力も必要です。そして何よりも切実な思いで何度でも相談に来る人に向き合う諦めない姿勢が必要なのです。新潟でも最近は大学に進学して社会福祉士を目指す人と同じくらい高校卒業から専門学校に入学して受験に備える人も増えています。専門学校は社会福祉士に特化したカロキュラムが組まれており、経験豊富な講師陣から福祉の現場を通して見たこと、感じたことなど密度ある実習や経験を教わります。また強い精神力、忍耐力も身につきます。社会人でも夜間コースに通って受験勉強をしている人もいます。このような状況も踏まえ、新潟で社会福祉士を志す人は参考にしてみるといいでしょう。